長田 環
全体で意思の疎通を図り、先を見越した設計を行う。
私は電子機器部の中でも東プレ唯一のBtoC製品であるキーボード「REALFORCE」を扱うグループに所属しています。
主な業務として、自社製品およびOEM製品の回路設計や信頼性評価を行っています。
私が仕事をするうえで最も大切にしていることはコミュニケーションです。設計業務では、少しの認識の相違が製品全体に影響してしまい、結果大きな問題となってしまいます。そのため、お客様と綿密な打ち合わせを行い、製品の仕様に相違ないか擦り合わせをすることが不可欠です。
また、メカ・エレキ・ソフトの設計者同士で連携し意思統一を行うことで、それぞれの潜在的な問題や設計での意識のズレを防ぎ、更に実際に生産を行う作業者と話すことで設計では気づかなかった問題点を見つけることにも繋がります。
図面は一度描けば終わりではありません。工場内での組立工程やお客様の使用環境も考慮し品質改善を何度も行う必要があります。そのためには積極的なコミュニケーションと、先を見越した設計思想が重要です。
私はよく、異なるグループや部署の技術者と話します。自分の持っていない知識や新たな技術を知ることができるからです。こういった知識は直接業務にかかわる内容ではありませんが、物事を判断する材料として役立ちます。
現在はまだ知識が足らず、周りの方に助けてもらいながら日々勉強の毎日です。今後はさらに多様な知識を身に付けていき、お客様により良い製品を手に取って頂けるよう、自分の経験と知識を生かした提案のできる技術者を目指していきます。
ある1日のスケジュール
What's 「Topre」?
スペシャルコンテンツ2
グループ会社採用情報