近藤 祐太
「より高品質・より低コスト」な効率の良い生産ラインを目指して
私は、商用車のようなオーダーメイドのづくりに興味があり、東プレの冷凍車ならお客様の様々な要望に対応した一品一様なものづくりに携われると思い入社を決めました。
ほとんど同じに見える冷凍車ですが、コンテナ寸法・冷凍装置・シャーシ・積荷・お客様の車の使い方によって、車の仕様は異なります。
私は、冷凍車の生産技術を担当しています。生産技術の役割は、開発や設計と生産現場をつなぎ、「より高品質・より低コスト」な生産を目指すことです。これを実現させるため、新規設備導入・改造、治具の設計、工程計画や指示書の作成、合理化の推進、生産ラインの問題対応などを行っています。一つのプロジェクトを一気通貫で対応するため扱う仕事の幅が広いのが特徴です。
現在は、新工場に導入する生産ラインの設計に携わっています。安定した品質で目標生産台数を達成できる生産ラインを目指すためには、現状より生産タクトを短くし、生産効率を上げる必要があります。そのために知恵を絞り、最適なレイアウト、設備の導入、工法・工程の変更を検討します。自分たちの部署だけでなく、他部署との打合せを重ね、様々な角度から生産効率を上げる方法や生産ラインの問題点を抽出し、1つずつ潰し込んでいきます。多くの人が関わっているので、時には意見がぶつかることもあります。そうした意見をすり合わせながら、計画通りに問題なく量産がスタートできるように、一丸となって取り組んでいます。
数多くの仕様がある一品一様な冷凍車の生産は、理論通りにならないことや想定外の問題で苦労することもあります。しかし、このような経験を積めば積むほど自分を成長させることができます。今後は様々な経験を積み、幅広い知識を身に付け、効率の良い生産ラインを追及していきたいです。
ある1日のスケジュール
What's 「Topre」?
スペシャルコンテンツ2
グループ会社採用情報